いらなくなった紙袋の使い道

subpage01

何かプレゼントを買った時や、大量の買い物をした時には、紙袋に入れていただけることがあります。この、袋は、小さいものから大きいものまでありますが、取っておきましょう。



使い道として一番なのは、ごみ捨てです。


現代、ごみの分別がかなり叫ばれています。
お菓子の箱や、郵便物は可燃ごみとは別に捨てる方が環境にやさしいです。

nanapiに関する疑問を解消してください。

使い終わったノートも一緒に出すことができます。

箱に「紙」と書かれているものを、紙袋に入れてまとめて出すことが多いので、可燃ごみを減らすためにも、大き目の紙袋を用意して分別するようにしましょう。

結婚式でもらうような袋もかなり重宝します。

小さな紙袋は、形が違うために一緒にしにくいものを入れておくようにします。
例えば、洗濯用洗剤の箱やティッシュの箱などです。

そんなに頻繁にゴミとして出るわけではありませんが、使い切ったらとりあえず小さい袋に入れて、ゴミの日に出すといいです。他の使い道は、子供の持ち帰りに使えます。

学期終わりにお道具箱を持ち帰ることが多く、袋を用意するように言われます。

袋のためにお金をかけるのはもったいないです。大き目の紙袋で十分です。

入学式には配布物が多いので、袋を持って行くことをおススメします。

保育園も年度替わりはほとんどのものを家で保管します。



子供が複数いる場合には、その人数分必要ですが、そのまま家においておけばなくなることもありません。


丈夫なものは破れたり壊れたりしないので、捨てないで必ず取っておいてください。