紙袋の種類と役に立つ使い方

subpage1

身近な紙袋ですが、様々な種類があります。



代表的なものは手提げ袋です。

NAVERまとめ情報を調べられるこのサイトはオススメです。

平袋といわれるマチのないものあります。
角底袋は底が広いタイプです。


材質や大きさの種類がたくさんありますので、用途にあったものを選びましょう。


オールマイティに使えるのは手提げタイプです。

よくアパレルショップや化粧品店などで使用されています。



お店のイメージを材質とデザインでアピールできます。たとえば高級感を出したい場合には厚手の上質な紙でフィルム加工が施されていたりするタイプで持ち手もポリエステル紐を使ったりします。
ショップにとって紙袋はブランドを象徴する大事なものです。

ブランドによっては商品のみならず紙袋も人気があるショップもあります。


底の広いタイプのものはホールケーキやアレンジメントフラワーなどをいれるのに使われます。


ネットショップを営業している方もラッピングで良い印象をお客様に与えることができます。


印象に残るラッピングはお客様のリピートにもつながります。
おしゃれな紙袋はそのままごみにしてしまうのはもったいないので、リメイクして使用しましょう。簡単なのは収納に使ったり、ブックカバーにしたりすることです。

収納として使うときは、統一感を大事にしましょう。
インテリアとして使う場合には、いくら素敵な袋でも統一感に欠けるとおしゃれというよりは貧乏くさくみえてしまいます。
ついつい袋がきれいだと取っておきたくなりますが、一定量しかもたないと決めて、それ以上になるときは捨てるまたはインターネットで販売してみることもできます。


場合によっては、おこづかい稼ぎができるかもしれません。

身に付けよう

subpage2

買い物をするたびにもらう紙袋を持て余している方は多いでしょう。いつか使うかも、という思いでただためておくだけではなく、生活の中で実際に活用できる方法がいくつかあります。...

next

大事な売買の事

subpage3

何かプレゼントを買った時や、大量の買い物をした時には、紙袋に入れていただけることがあります。この、袋は、小さいものから大きいものまでありますが、取っておきましょう。...

next

関連情報

subpage4

ショップで商品を購入した際に入手できる紙袋は、サブバックの代用品や小物を郵送する時の包み等あらゆる面で活躍できる代物です。しかしそれだけに活躍の場を限定したら、どんどん積み重ねっていて邪魔な存在になってしまいかねません。...

next

売買の重要知識

subpage5

紙袋と言えば幅が広く、揚げ物や焼きたてのパン等を入れるのも紙袋です。蒸気を逃がし、食品のべたつきを防ぐというのがあります。...

next